映画専門BS10 スターチャンネルと映画雑誌SCREENがコラボを組み、映画ファンなら見逃せない旬な映画情報やオススメの作品、独自の視点から組まれた特集などを毎月ピックアップ! 2月はHBO®とBBCがタッグを組み、大ヒットファンタジー小説三部作をドラマ化した『ダーク・マテリアルズ/黄金の羅針盤』の待望のシーズン2『ダーク・マテリアルズII』が独占日本初放送開始です。

『ダーク・マテリアルズⅡ』

画像: 『ダーク・マテリアルズⅡ』

ストーリー
秘めたる決意を胸に、オーロラの中に突如現れた世界に渡ったライラ。そこはスペクターと呼ばれる魔物たちが住み、子どもしかいないチッタガーゼという荒廃した街だった。ライラはそこで別の世界からやって来たウィルという少年に出会う。やがてふたりは不思議な短剣の存在を知るが…。

世界的ベストセラーとなったファンタジー小説『ライラの冒険』三部作を原案に、HBO®とBBCが共同製作でドラマ化した本シリーズ。

壮大な北極の景色、言葉を話す“ダイモン(守護精霊)”たち、上空を飛行船が飛び交う英国の街並みなど、原作で描かれたパラレルワールドの世界観を英国TV史上最高額の製作費をかけて映像化に成功。シーズン2となる『ダーク・マテリアルズII』では新たな世界でのライラの壮大な冒険が描かれる。

見どころポイント

トム・フーパーが製作総指揮を務め、シーズン1に引き続きダフネ・キーン、ルース・ウィルソンら豪華キャストが集結。更にシーズン2から新たに活躍するキャストにも注目!

画像1: トム・フーパーが製作総指揮を務め、シーズン1に引き続きダフネ・キーン、ルース・ウィルソンら豪華キャストが集結。更にシーズン2から新たに活躍するキャストにも注目!

少女ライラを演じるのは『LOGAN/ローガン』(2017)で注目を集めた新星ダフネ・キーン。『アフェア 情事の行方』(2014)のルース・ウィルソンがコールター夫人を、『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018)のリン=マニュエル・ミランダが気球乗りのリー・スコーズビーを演じる。

画像2: トム・フーパーが製作総指揮を務め、シーズン1に引き続きダフネ・キーン、ルース・ウィルソンら豪華キャストが集結。更にシーズン2から新たに活躍するキャストにも注目!

また、大ヒット作『レ・ミゼラブル』(2012)やアカデミー賞で作品賞、監督賞ほか4部門を受賞した『英国王のスピーチ』(2010)のトム・フーパーが製作総指揮に名を連ね、BBCドラマ『シャーロック SHERLOCK』(2010)『007 スペクター』(2015)等で知られるアンドリュー・スコットや、ドラマ『王への手紙』(2020)で主演を務めた次世代の注目俳優アミール・ウィルソンなどが今回から新たに活躍するキャラクターを演じている。

『ダーク・マテリアルズ』キャラクター紹介

ライラ・ベラクア(ダフネ・キーン)

孤児として育ったお転婆な少女。赤ん坊のころに、オックスフォードのジョーダン学寮に預けられた。ダイモン(守護聖霊)の名はパンタライモン。オコジョやヤマネコなど、色々な姿に変身する。

コールター夫人(ルース・ウィルソン)

たくさんの秘密を抱えた謎に満ちた女性で、冷酷な一面も見せる。ライラに興味を持っている。ダイモンは金色の猿、ゴールデン・モンキー。

アスリエル卿(ジェームズ・マカヴォイ)

ライラの叔父。学者であり、恐れ知らずの探検家。ライラを残し、北極へ調査に行く。ダイモンはユキヒョウのステルマリア。

リー・スコーズビー(リン=マニュエル・ミランダ)

テキサス出身の気球乗り。ダイモンはホッキョクウサギのヘスター。

セラフィナ・ペカラ(ルタ・ゲドミンタス)

エナラ湖地区の魔女の女王。

イオレク・バーニソン(声 ジョー・タンベルグ)

スバールバルを追放されたよろいぐまの王。

『ダーク・マテリアルズⅡ』で新たに活躍するキャラクター

ウィル・パリー(アミール・ウィルソン)

ライラがチッタガーゼで出会った少年。“私たちの世界”のオックスフォードからやってきた。

ジョン・パリー(アンドリュー・スコット)

ウィルの父親。北極圏探検途中に行方不明になっている。

メアリー・マローン(シモーヌ・カービー)

“私たちの世界”の研究者。大学でダーク・マターについて研究している。

シーズン2放送スケジュール(全7話)

【STAR1 字幕版】2021年2月25日(木)より 毎週木曜23:00 ほか 
※2021年2月21日(日)20:00 ~ 字幕版第1話先行無料放送

シーズン1もあわせて放送(全8話)

【STAR1 字幕版】2021年2月11日(祝・木)、2月18日(木)20:00~ 4話ずつ放送 
※2021年2月7日(日)19:45 ~ 字幕版第1話無料放送

This article is a sponsored article by
''.