例年2月に開催される世界最高峰の映画の祭典、アカデミー賞! 今年は新型コロナウィルスの影響により現地時間2021年4月25日(日本時間4月26日)に開催される予定。そのノミネート発表が、現地時間3月15日ともう間もなくとなりました。発表に先駆け、今回はアカデミー賞の賞についてまとめてみました。どんな賞があるのか、一体どんな賞なのか、チェックしてみてくださいね♪

編集部追記:2021年3月12日(金)に公開した内容に一部補足をいたしました。

アカデミー賞、今年で何回目?

誰もがその名を知るであろう映画祭、アカデミー賞授賞式。今年でなんと第93回目を迎えます! 昨年には、外国語映画や配信作品が多数ノミネートされるなど、その長い歴史にも変化が現れてきましたね。

画像: 毎年アカデミー賞授賞式が行われるハリウッドのドルビー・シアター

毎年アカデミー賞授賞式が行われるハリウッドのドルビー・シアター

2021年度に限り、新型コロナウイルスの影響により『劇場公開されずに動画配信やネット上で販売された作品も選考対象』という新たな選考資格規定が定められました。今回の授賞式も今までにない、新たな変化が起こることが予想されますね。

また、先日アカデミー賞の前哨戦であるゴールデングローブ賞ですが、今年は異例のオンラインという形で開催され、授賞結果にもサプライズがたくさんありましたね。アカデミー賞では一体どんな賞レースが待っているのでしょうか!? また、日本未公開の作品も公開が待ち遠しいところです。

そもそもアカデミー賞って名前は知っているけど、一体どんな賞なのか、どんな歴史があるのか知らないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

アカデミー賞にノミネートされる基準やオスカー像の由来など、こちらの記事でご紹介していますので、復習としてチェックしてみてくださいね。

そんなアカデミー賞の部門はぜんぶで24部門(補足:第93回授賞式より録音賞と音響効果賞がひとつに合体。23部門に変更)。意外と多いですよね?

作品賞や監督賞、主演男優・女優賞など主要な賞はすぐに思いつくものの、その他の賞はなかなか・・。どんな賞なのか、何を評価としているのか、見ていきましょう!

This article is a sponsored article by
''.