映画専門BS10スターチャンネルと映画雑誌SCREENがコラボを組み、映画ファンなら見逃せない旬な映画情報やオススメの作品、独自の視点から組まれた特集などを毎月ピックアップ! 4月はコーエン兄弟が製作総指揮を務める大人気アンソロジーシリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始です。

『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』

画像: 『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』

ストーリー

アメリカ中西部の町カンザスシティでは、移民の歴史とともに裏社会の実権を握る組織がユダヤ系、アイルランド系、イタリア系と変遷していった。

更に、かつてから対立する組織間の協定関係を証明するために互いの息子を交換するという習わしがあり、1950年、ロイ・キャノン率いる黒人の犯罪組織が台頭すると、伝統に習って先にこの地を牛耳っていたドナテロ・ファッダ率いるイタリア系マフィアと互いの息子を交換することに。するとその矢先、ドナテロが不慮の事故に遭ってしまい…。

1950年のミズーリ州カンザスシティを舞台に、裏社会で対立する黒人犯罪組織とイタリア系マフィアの攻防を、本シリーズ特有のブラックユーモアと共に描く犯罪ドラマ。

クリス・ロック、ジェイソン・シュワルツマン、ベン・ウィショー、ティモシー・オリファントら豪華キャストが出演し、これまでの全シーズンに引き続きクリエーターを務めるノア・ホーリーが監督・脚本・製作総指揮を兼任。

更に本シリーズにインスピレーションを与えた映画『ファーゴ』(1996)のコーエン兄弟も製作総指揮として参加。過去シーズンを見ていなくても楽しめる本作をお見逃しなく!

見どころポイント

各シーズンとの共通点もある物語の最新作にして原点!

本シリーズは映画『ファーゴ』(1996)を基にしたアンソロジーシリーズとして製作されており、各シーズンのストーリーはそれぞれ独立しつつも、“ファーゴ周辺で起きた犯罪事件を題材とする”点で共通している。

各シーズンでは異なる年代を描いているが、他のシーズンの時代との繋がりを匂わせる箇所も随所に登場するなど、それぞれの物語が奇妙に関係しているのも本シリーズの面白さ。

『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』ではシリーズで最も古い1950年が舞台となっており、シリーズ最終作とされる本作から年代順にシリーズ全作を見る鑑賞方法もオススメ。

個性的なキャラクターを演じる豪華キャスト陣

画像: 個性的なキャラクターを演じる豪華キャスト陣

コメディアンとして人気のクリス・ロック(『リーサル・ウェポン4』)が落ち着いた演技で黒人犯罪組織のボスを演じ、対するイタリア系マフィアの長男をジェイソン・シュワルツマン(『ダージリン急行』)がコミカルに演じる。

さらに、複数の組織間をトレードされて育ったヒットマンをベン・ウィショー(『メリー・ポピンズ リターンズ』『007』シリーズ)、脱獄囚を追いかけてユタ州からやって来た捜査官をティモシー・オリファント(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)、ファッダ家と癒着しているクセのある刑事をジャック・ヒューストン(『ミスター・メルセデス2』)が演じる。

ジェシー・バックリー(『チェルノブイリ』)が演じる看護師メイフラワーは、今回唯一ミネソタ訛で話す謎多き人物として登場するのでぜひチェックしてほしい。

映画ファン必見のコーエン兄弟作品オマージュ

画像: 映画ファン必見のコーエン兄弟作品オマージュ

映画『ファーゴ』(1996)含め、様々なコーエン兄弟作品へのオマージュがあちこちに散りばめられているところも本シリーズの魅力のひとつ。過去シーズンとの繋がりを匂わせる箇所も随所に登場するので、本シリーズファンはぜひ注目してほしい。

また、1950年のアメリカ中西部のミズーリ州カンザスシティを舞台にしたことで、移民の歴史や人種差別といったアメリカの歴史や社会問題も背景に描かれているのもポイント。ブラックユーモア溢れるコーエン・ワールドが存分に楽しめるドラマとなっている。

キャラクター紹介

画像1: 物語の最新作にして原点!シリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始【スターチャンネル×SCREEN気になる特集】

ロイ・キャノン(クリス・ロック)
イタリア系のファッダ家と対立する黒人犯罪組織のトップ。

画像2: 物語の最新作にして原点!シリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始【スターチャンネル×SCREEN気になる特集】

ジョスト・ファッダ(ジェイソン・シュワルツマン)
イタリア系マフィア、ファッダ家の長男。

画像3: 物語の最新作にして原点!シリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始【スターチャンネル×SCREEN気になる特集】

ラバイ・ミリガン(ベン・ウィショー)
幼少期にユダヤ系マフィアの家にトレードされたアイリッシュ・マフィアの息子。その後ファッダ家にトレードされ、同様にファッダ家に入ったロイの息子の世話役をしている。

画像4: 物語の最新作にして原点!シリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始【スターチャンネル×SCREEN気になる特集】

オラエッタ・メイフラワー(ジェシー・バックリー)
葬儀屋の向かいに住む看護師。本シーズンで唯一ミネソタ訛で話す、謎多き人物。

画像5: 物語の最新作にして原点!シリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始【スターチャンネル×SCREEN気になる特集】

ガエターノ・ファッダ(サルヴァトーレ・エスポジト)
ジョストの弟。兄とは正反対の性格。

画像6: 物語の最新作にして原点!シリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始【スターチャンネル×SCREEN気になる特集】

エセルリダ・スマトニー(イマイリ・クラッチフィールド)
葬儀屋を営む白人の父と黒人の母を持つ少女。賢く好奇心旺盛。

放送スケジュール(全11話)

■吹替版
【STAR3】2021年4月12日(月)より 毎週月曜22:00 ほか 
※【STAR1】にて4月10日(土)吹替版 第1話 無料放送

■字幕版
【STAR1】2021年4月20日(火)より 毎週火曜23:00 ほか
※4月20(火)字幕版 第1話 無料放送

映画『ファーゴ』、ドラマシリーズ第3弾『FARGO3/ファーゴ』もあわせて放送

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.FARGO (Year 4) © 2021 MGM Television Entertainment Inc. and FX Productions, LLC. Based on the film“ FARGO” FARGO is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

This article is a sponsored article by
''.