SCREEN6月号で応募した『今まで見た中で一番怖かった映画は?』のアンケートにたくさんのお答えをいただきました。ここでその結果を発表!読者が選んだ最も怖い映画10作はホラー、サスペンス、スリラーなど往年の名作から最近の大ヒット作まで、必見作がそろいました。(文・米崎明宏/デジタル編集・スクリーン編集部)

11位以下の作品

『SAWソウ』シリーズ、『死霊のはらわた』(1981)、『アナベル』シリーズ、『ミッドサマー』(2019)『クワイエット・プレイス』シリーズ、『セブン』(1995)『悪魔のいけにえ』(1974)『パラノーマル・アクティビティ』(2007)『ミザリー』(1990)『13日の金曜日』シリーズなど

10位『へレディタリー/継承』(2018)

画像: 10位『へレディタリー/継承』(2018)

9位『シックス・センス』(1999)

画像: 9位『シックス・センス』(1999)

8位『ジョーズ』(1975)

画像: 8位『ジョーズ』(1975)

7位『オーメン』(1976)

画像: 7位『オーメン』(1976)

6位『パラサイト 半地下の家族』(2019)

画像: 6位『 パラサイト 半地下の家族 』(2019)

This article is a sponsored article by
''.