ロッキー・シリーズの新章「クリード チャンプを継ぐ男」の続編「クリード 炎の宿敵」が2019年1月11日公開。スタローンによる伝説の男・ロッキー、とくとご覧あれ!(文/松坂克己・デジタル編集/スクリーン編集部)

続編はシルヴェスター・スタローンが出演・脚本・製作も名を連ねている

ロッキーがアポロの息子アドニスを一人前のボクサーに育て上げてから三年、かつてリング上でアポロの命を奪ったイワン・ドラゴが、息子ヴィクターをアドニスへの挑戦者として送り込んできた……ロッキー・シリーズの新章としてスタートした「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。今回、シルヴェスター・スタローンはロッキー役で出演すると共に、脚本、製作にも名を連ねている。

主演は大ヒット作「ブラックパンサー」での勇姿も記憶に新しいマイケル・B・ジョーダン。ほかに前作から引き続きテッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャドらが共演。ドラゴ役のドルフ・ラングレン、その別れた妻役のブリジット・ニールセンは「ロッキー4/炎の友情」以来のシリーズ復帰。ヴィクター役の新人フロリアン・ムンテアヌはルーマニア出身の現役ヘビー級ボクサーでもある。

監督はこれまでTVで活躍してきたスティーヴン・ケープル・ジュニアが抜擢された。

画像: 続編はシルヴェスター・スタローンが出演・脚本・製作も名を連ねている

ドラゴの息子がアドニスに挑戦状を!クリードvs.ドラゴの因縁の対決再び!

再びヘビー級チャンピオン、コンランに挑戦したアドニス(ジョーダン)は、ロッキー(スタローン)の指導で今度は見事に勝利を飾り、ついに世界王者となった。だがそんなアドニスに挑戦状を叩きつけてきた親子がいた。かつて試合でアドニスの父アポロを殺したイワン・ドラゴ(ラングレン)が、手塩にかけて育てた息子ヴィクター(ムンテアヌ)を連れてアメリカまでやって来たのだ。

アドニスも最初はロッキーの忠告通り相手にしないでいた。だがやはり相手は父を殺した男。恋人ビアンカ(テッサ)との婚約で幸せの絶頂にありながら彼は挑戦を受ける。

しかしヴィクターは最強の敵だった。試合が始まるとアドニスはまるで相手にならない。ヴィクターの反則でかろうじて王座は防衛したものの、心身共に打ちのめされてしまった。いったい自分は何のためにボクシングをやっているのか。そんな疑問に答えを見出し、アドニスは敵地で再戦する決意を固めた。

登場人物

アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)

画像: アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)

アポロ・クリードの愛人の息子。ボクサーとして成功したいと、父の跡を追って会社を辞め、この世界に飛び込みロッキーに師事する。

ビアンカ(テッサ・トンプソン)

画像: ビアンカ(テッサ・トンプソン)

フィラデルフィアに暮らすシンガー・ソングライター。同じアパートに越して来たアドニスと惹かれ合い、今作では結婚・出産する。

ロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)

元ヘビー級チャンピオン。引退していたが、アポロの遺児アドニスに請われてトレーナーを引き受け、世界チャンピオンに育て上げる。

画像: ドラゴ親子:イワン(左)とヴィクター(右)

ドラゴ親子:イワン(左)とヴィクター(右)

イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)

ロシアのボクサー。かつて親善試合でアポロと対戦してその命を奪った。その後、ロッキーに敗れボクシング界から去っていたが……

ヴィクター・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)

イワンの息子。父の意思を継ぐかのようにボクシングにのめり込み、いまや国内では敵うもののいないほどの実力を身につけている。

▶︎▶︎トリビア&インタビュー、そして過去作おさらいも!▶︎▶︎

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.