この秋はサスペンスやアクション、ファンタジーなどジャンル映画が劇場を席巻。人気沸騰中のタロン・エガートンの最新作をはじめ、気持ち高ぶる秋の必見作を6本セレクト。

01: 最強の男ジェイソン・ステーサムvs.最強の巨大サメ

「MEG ザ・モンスター」

画像: 「MEG ザ・モンスター」

200万年の時を経て、現代に蘇った超巨大ザメ。それに立ち向かうのは「アドレナリン」「ワイルド・スピード」シリーズなどで人気の“最強の男”ジェイソン・ステイサム。いま規格外の海洋バトルが幕を開ける!

体長23m、体重20トン、潜水艦をも破壊し、大型ナイフよりも鋭い25cmの牙であらゆるものを噛み砕く最強のサメ“メガロドン”(通称MEG)の恐怖を描く海洋パニック・アクション。監督は「ナショナル・トレジャー」のジョン・ターテルトーブ。

2018年9月7日公開
ワーナー・ブラザース映画配給

02:〝くまのプーさん〞が初めての実写映画化

「プーと大人になった僕」

画像: 「プーと大人になった僕」

世代を超えて幅広く愛されるディズニーの国民的人気キャラクター“くまのプーさん”がアニメーションの世界を飛び出して初の実写映画化。プーさんと大親友だった少年クリストファー・ロビンが大人になり、プーさんと奇跡の再会をしたことからはじまる感動の物語。

大人になったロビン役を務めるのはユアン・マグレガー。監督は「チョコレート」でハル・ベリーにアカデミー賞主演女優賞をもたらしたマーク・フォースター。

画像: プーさんの親友ピグレットをはじめとする森の仲間たちも登場

プーさんの親友ピグレットをはじめとする森の仲間たちも登場

2018年9月14日公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン配給

03: 社会現象的ヒットの新世代ホラー

「クワイエット・プレイス」

画像: 「クワイエット・プレイス」

音を立てたら、即死!? 音に反応し人間を襲う“何か”の恐怖を描き、全米ホラー映画史を塗り替えている話題作がこの秋日本公開。90分間“音が恐怖に変わる”緊張感が『新たなホラー映画体験』として絶賛が寄せられている。

手話を使い、裸足で歩き、静寂とともに暮らす一家。音を立てたら、待つのは死。一家は最後まで沈黙を貫けるのか? 母親役でエミリー・ブラントが主演し、実生活の夫であるジョン・クラシンスキーが夫役と監督を兼任。

2018年9月28日公開
東和ピクチャーズ配給

04: 今度のロック様は史上最大の高層ビルで大暴れ!

「スカイスクレイパー」

画像: 「スカイスクレイパー」

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を大ヒットに導き、“ロック様”の愛称で絶大な人気を誇るドウェイン・ジョンソン。その主演最新作は、香港にそびえたつ1000メートル超えの超高層ビルを舞台にしたアクション超大作。

ロック様の役どころは、片足を失い義足となった元FBI人質救出チームの隊長。謎の組織に追われながらも、爆破された超高層ビルから愛する家族を救うため大暴れする。ロック様版の「ダイ・ハード」として話題沸騰。

2018年9月公開
東宝東和配給

05: タロン・エガートン最新作日本公開決定!

「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」(原題)

画像: 口達者な若き詐欺師,、ディーン・カーニー( タロン・エガートン ) 社交クラブ“ビリオネア・ボーイズ・クラブ”のサブリーダー。親友のジョーと詐欺に手を染め、巧みな話術を駆使して暴利を得るが、その代償を払うことに。

口達者な若き詐欺師,、ディーン・カーニー(タロン・エガートン

社交クラブ“ビリオネア・ボーイズ・クラブ”のサブリーダー。親友のジョーと詐欺に手を染め、巧みな話術を駆使して暴利を得るが、その代償を払うことに。

キングスマン」シリーズのタロン・エガートン、「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートという今をときめく二大若手アクターの夢の共演が実現した犯罪青春映画がこの秋いよいよ日本上陸。1987年にも一度ドラマ化された若き詐欺師集団“ビリオネア・ボーイズ・クラブ(億万長者の少年たち)”の衝撃的な実話の映画化だ。

画像: 億万長者になった“天才”ジョー・ハント( アンセル・エルゴート ) “天才”と呼ばれる投資コンサルタント。ディーンを片腕として詐欺的な手法で大金を集め、若くして億万長者に。だがベテラン詐欺師の策略にハマり、天国から地獄へ転落。

億万長者になった“天才”ジョー・ハント(アンセル・エルゴート

“天才”と呼ばれる投資コンサルタント。ディーンを片腕として詐欺的な手法で大金を集め、若くして億万長者に。だがベテラン詐欺師の策略にハマり、天国から地獄へ転落。

二人が演じるのは金持ち相手の投資詐欺を行なっていた天才的な詐欺師。怖いもの知らずの二人は若くして大金を手にするが、彼らよりも一枚上手のベテラン詐欺師が介入してきたことで窮地に追いつめられ、予想もしない破滅へと突き進んでいく。

画像: 物語の基になったのは“ビリオネア・ボーイズ・クラブ”と呼ばれた若き詐欺師たちの実話

物語の基になったのは“ビリオネア・ボーイズ・クラブ”と呼ばれた若き詐欺師たちの実話

二人のほかにも、エマ・ロバーツ、ジェレミー・アーヴァイン、スキ・ウォーターハウスら旬の若手俳優が共演。将来のハリウッドを担うスター候補生たちが集結する新世代映画としても注目だ。

2018年11月公開
プレシディオ配給

06:〝史上最高のエンターテーナー〞の半生を映画化

「ボヘミアン・ラプソディ」

画像: 「ボヘミアン・ラプソディ」

伝説的バンド“クイーン”のボーカルを務め、“伝説のチャンピオン”など数々の名曲を生み出したフレディ・マーキュリー。「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー監督がこの稀代のエンターテイナーの半生を映画化。甦った32もの不朽の名曲には主にフレディ自身の歌声が使われている。

主演を務めるのは「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」でエミー賞を受賞したラミ・マレック。生き写しのルックスとフレディの魂が乗り移ったような熱演が評判に。

2018年11月公開
20世紀フォックス映画配給

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.